たくましい精子を持つ男性とは?

出生時の体重が平均よりかなり多い赤ちゃんは、その後成人したときに、過重労働をしたときでも、しっかり妊娠しやすいが、平均をかなり下回る場合には、妊娠しにくくなるということです。第四は、過重な身体労働は生殖力を損なうという点です。都市部に住んでオフィスワークをしている女性と農村部に住んで農業に従事している女性の比較では、都市部に住む女性の方が、生殖力が高いということです。ここでいう農業従事者の女性とは、日本のような機械化が進んでいる場所での農民ではなくて、ポーランドの片田舎で、手作業で作物をつくっているような重労働をしている人たちでした。この人たちから毎日唾液を採取して、その中に含まれる妊娠にかかわるプロゲステロン(生体内で黄体ホルモンとして働いているホルモン)が性周期においてどのように変化していくのかを測定したところ、農家で働く女性(工事現場で働く女性、過度のエアロビクスをする女性、陸上やマラソンなどのプロスポーツ選手も同じ)は、身体活動を通じたエネルギー負荷が加重にかかるため、プロゲステロンの量が少なくなっていることがわかりました。プロゲステロンは妊娠を維持したりする役目を負っているので、このホルモンの量が減るということは生殖力に影響を与えるということになります。多大なエネルギー負荷がかかるような仕事についていない、サービス産業に従事している女性の方が生殖力が高く、妊娠の可能性の面からいえば、 3倍も違いがありました。ときどき評論家が昔の女性はアマゾネスのようだったとか、女性が狩猟に出ていてたくましかったといっているのを聞きますが、それはまちがいです。性淘汰の面からは、女性はエネルギー負荷のかかる仕事をしない方がよいのであって、女性にエネルギー負荷を強いるような社会が長続きしたとは理論的には考えられません。

女性における生殖力は、性交によって妊娠する能力と規定しましたが、男性の場合の生殖力は、精子の質ということになります。精子の質は、通常(国連WHOの定義によれば)、・1回の射精で出る精子数・精子の泳ぐ速度・精子の移動能力の3点で評価されます。一度の性行為で約 億個の精子が射精されます。たとえば 2億個と 5億個では 2. 5倍もの生殖力の違いがあります。ですから数は多ければ多いほどよいということになります。また量ばかりでなく、泳ぐ速度や逆流に抗して直進する能力も大事です。女性の子宮の中は障害物だらけですので、それらを上手に避けて卵子に向かって進んでいかなければなりません。

参考記事:

シンメトリーな女性は、より高い生殖力を持つということ

ヤシエンスカらはもう一歩進めて、両者は生殖力とことを実証しています。女性の男性に対する好みや気分やホルモンの状態が、性周期と密接にかかわっていることを前提として、ポーランドに住む百人あまりの女性に被験者になってもらい、毎日、唾液を採集して、唾液中に含まれるエストラディオールの変化を見ました。エストラディオールとは女性特有のホルモンで、このホルモンが多いと妊娠しやすくなるといわれています。月経期にとくに上昇して、 14日を過ぎるころには減少し、その後は一定値で推移します。生理のときがもっとも低い状態となります。他方、被験者の乳房の大きさ、体重、身長、臀部の大きさ等を測定して、「乳房の大・小」「 の高・低」によって4つのグループに分類しました。
すると、「乳房が大きくて、プロポーションのよい」グループの女性が、他の3つのグループよりも断然エストラディオールが多いということがわかりました。無意識のうちに男性はプロポーションのよい女性に対して欲情するようですが、それは女性の高い生殖力というメッセージに反応しているのです。WHR第二に、ヤシェンスカ博士らは、この本で何度も出てきた体型のシンメトリーも、生殖力にはおおいに関係があることを実証しました。女性ホルモンと関係している薬指の長さのシンメトリーに着目して、それがどの程度シンメトリーであるか測定します。両手の手のひらの薬指のつけ根からてっぺんまでの長さを測って、右左の差が1ミリメートル以下ならばシンメトリー、その差が2ミリ以上の場合は非シンメトリーとして2つのグループに分類します(そのあいだの1S2ミリ差の人は実験対象からははずすということです)。そして、その2つのグループの唾液を毎日採取して、エストラディオールの変化を測定しました。 200人近くの女性を対象にした実験の結果、シンメトリーな女性は非シンメトリーの女性より、妊娠しやすい時期には21%、それ以外の時期には28%もエストラディオールが多いことがわかりました。つまり、シンメトリーな女性は、より高い生殖力を持つということです。第三に、出生時の脂肪値、つまり生まれたときの体重も、成人してからの生殖力と関係があります。出生時の栄養状態、健康状態等がどのようにその後の成長に影響するか、近年、研究がさかんになっていますが、ヤシェンスカらは、出生時に「平均以上の脂肪量を有している女性は、エネルギー負荷の高い状況下でも卵巣抑制を生じさせにくい」と報告しています。つまり、エネルギー負荷が多分にかかる身体活動が行われると、生まれたときに平均以下の脂肪量を有した女性は、卵巣のエストラディオールの値が低下しやすいということです。

参考記事:出会いアプリ おすすめ

プロポーションのよい女性は生殖力が高い

女性が男性の射精より先にオーガズムを感じてしまうと、卵子に至るゲートが閉じられて(粘液が分泌されてブロックされる状態となるため)妊娠できなくなるので、女性の身体の構造として、オーガズムの達成が男性より遅くなるようにできています。妊娠するためには男性が女性のオーガズムの前か同時に射精することが必須となります可能であれば、一緒にオーガズムを感じることが(収縮作用によって精子が奥まで達することができるため)必要ですが、いわゆる「セックスの相性」が合わないと男性側の献身的努力がとくに必要になります。男性にとって性行為が終わりの始まりでありながら、さらなる女性への献身的な行為が求められる場合があることが、恋愛の最終段階の難しさを表しています。さらにいえば、オーガズムを感じたことがない女性、あるいはオーガズムに達するのにたいへん時間がかかる女性に対しては、男性は通常以上に努力が求められますので、性経験の豊富な女性が以前の恋人と比較して、不満を抱いてしまうこともしばしば散見されるところです。

性行為における第二番目に重要な資質は、生殖力です。男も女も、少ない回数で妊娠する、あるいは妊娠させる能力が、重要な資質となります。つまり、妊娠する.させるという見地から、もっとも魅力的な異性は「生殖力の高い」男女となります。生殖力とは「定期的な性交によって妊娠したり、させたりする能力」とでも定義しておきます。子どもが欲しい男女の遺伝子にとって、少ない性交回数で確実に妊娠してくれる方が、 100回以上の性交で妊娠するよりも、多産の可能性が高いという意味で重要ですいつ、何人産むかの選択肢を広く持つことができるからです。人間の進化の過程で、この生殖力が女性の重要な指標(マーカー)として進化してきたことは明らかです。生殖力の意味が男女では若千異なるので、男女を分けてお話しします。まず女性の生殖カです。2章では女性の生殖力を示すものとして、WHRやBMIといった指標に具現化されるエストロゲンの多募が関係していて、WHR=0.7体脂肪率=19%が、生殖力の高さという意味で理想に近いと述べました。またシンメトリーな女性ほど男性にとって魅力的であると述べました。ここでは両者が、実際に生殖力トドのように相関関係があるのかについて述べました、ここでは両者が、実際に生殖力トドのように相関関係があるのかについて述べますが、ポーランド人の人類学者、この分野の第一人者であるヤシエンスカ博士の論文をまとめると次のようになります。まず第一に、資格のうち、乳房の大きさ、WHRと生殖力の間には相関関係があるとしています。2章の視覚の章ですでに、男性は乳房の大きさとプロポーションの美しさにこだわっていることを述べました。

参考記事:

セックスにおける「モテる女」と「モテる男」の話をします。

雑誌に登場する評論家は、あなたの努力が足りないので、もう一度彼の気持ちが戻るように努力しましょうというような書き方をしていることもあり、なんともやりきれない気持ちになることがあります。この章では、性行為における魅力的な異性とは何か、について言及したいと思います。つまり、セックスにおける「モテる女」と「モテる男」の話をします。セックスが上手な男女がモテるとか、そういう話ではありませんので念のため。オーガズムは共同作業現在では避妊技術が発達して、性交が即座に妊娠に結びつくわけではない世の中となっていますが、性交は本来、子どもをつくるための行為です。性行為に快楽を付随させたのは、快楽のインセンティブを与えて子どもをつくらせるためです。このような観点から、性行為において魅力的な異性の資質が 2つ見えてきます。まずひとつめは、相手にオーガズムを与えられるかどうかです。性行為が男女による営みである以上、限られた時間内に、お互いが満足できるセックスができるかどうかという点は重要です。男性の場合、オーガズムは必須です。射精しないと精子が出てこないので男性のオーガズムは本来の意味での性交の必要最低条件です。男性のオーガズムの観点から考えると、その達成には共同作業が必要です。男性は女性に性的な魅力を感じることが条件となりますし、女性には感じてもらおうという意思が必要です。セックスがお互いに感じ合う作業といいつつも、実際には一方が他方のみを感じさせる時間も多くあります。キスを除く前戯とは元来そういうものであって、自分は感じないが相手を感じさせるという自己犠牲を行うということです。それができるかどうかは性交自体が好きかどうか、相手をどの程度好きか、相手を思いやる気持ちがあるのか、ないのか、さらには性経験の多寡とも関係してくるものです。性交が同じ相手と何度もするものである以上、継続的な自己犠牲が必要ということになりますので、恋愛感情なしにはなかなか難しいことなのかもしれません。また、の相性等、生来的な部分もあることも強調したいと思います。相手の体臭をセクシーと感じないと、性交回数が減少し、妊娠の確率の減少等が見られると 4章で述べましたが、子どもの出産という意味で、HLAの相性は絶対的な意味を持っています。女性のオーガズムは、男性以上に難しいテーマです。女性の中には毎回オーガズムを感じる人もいれば、一生のうち一度も感じない人もいます。

参考記事:

究桓の触覚=性行為

さて、ここからは、五感を締めくくる性交についてお話しします。「はじめに」と 1章でお話しした卵子と精子の直接的な出会いです。性行為に至るまでに、相手を見て、相手の体臭を嗅いで、声を聞いて、舌でたしかめました。性行為は、その確認作業の結果、最終段階まで行ってよいとのOKサインが出たということです。しかし、性交して「めでたし、めでたし」ではありません。性交の途中でも終わった後でも、相手が自分にとってふさわしいのかどうか、確認しているのです。1~3章では、こう述べました。男性にとっての理想の女性は、健康で、自分の子どもを、たくさん産んで(高い生殖力を持ち)、その子どもを上手に育ててくれる女性であると。また女性にとっての理想の男性は、食料獲得能力に優れるほどたくましく、その獲得した物を充分に分け与え、母子を守ってくれるほどに優しい男性であると。それを確認する作業が恋愛のプロセスで、五感を使って、自分にふさわしいかどうか確認してきたのです。その結果、性行為に至るわけです。一度でも性行為をする以上、妊娠する可能性があるわけなので、とりあえずの恋愛の終着点ではあるのですが、その後の関係の断絶(ふるということ)も視野に入れなければなりません。性行為に至るまでは、お互い相手の気持ちを獲得しようと、うそも多少はついてきたはずです。あるいは自分の好きだという気持ちが強すぎて相手の心が見えなかったことも考えられます。あるいは、セックスしたいという性欲がありすぎて、相手を性欲の対象としてしか見られなかったかもしれません。性交後は、それらがすべて取り除かれた状態になります。男女の本音が見えてくるのです。そこでもし「こんなはずではなかった」と期待はずれな事態になれば、関係を清算することも考えなければならないのです。とくに、性行為は女性にとっては関係の始まりですが、男性にとっては終わりの始まりです。力関係が逆転する瞬間でもあります。男性が急に「釣った魚にえさはやらない」状態になることも充分に考えられます。それでも関係を続けていくか真剣に考えなければならないこともしばしばです。たとえば、雑誌の恋愛相談で、「最近彼が急に冷たくなったんですが、どうしたらよいでしょうか」「私が結婚の話をすると、彼ははぐらかすので、真剣に悩んでいます」などというものがありますが、この男性の心中は、手に取るように見えてきます。前者の彼は、すでに「釣った魚」にはえさはやらないと決めているかのようですし、後者の彼は、彼女との性交は現状で得られる責重な財産だが、恋愛という熱は下降気味である。熱は冷めたが、セックスができなくなるのは痛い…、このような本音が見えてしまうのです。

参考記事: